THE OUTSIDER 第參戦@ディファ有明

RINGS公式サイト>>「THE OUTSIDER 第參戦」 試合結果
THE OUTSIDER 第参戦 (sportsnavi)

会場入り口に着いて、ざっと見渡したところ、ヤンチャ度は当初の予想ほどではないが、しかし、確実にそうである。金属探知機でのチェックを抜けると、なぜか高須基仁氏の単行本「私は貝になりたい」を渡される。本人が来ていたそうなので、恐らく自ら持ち込んで在庫処分したと思われる。

ディファ有明の後ろまで椅子が並び、埋まっている。開始時刻を15分くらいすぎたところで「キャプチュード」とともに前田日明兄さん登場。赤ブレザーに怒濤の真ん中分け。

さて、試合の方だが
1.両選手入場
2.3分2ラウンドで試合
3.日明兄さんと村上和成がリングに上がる
4.日明兄さんが勝者にメダルを渡す
5.「…財団 村上和成様」が勝者に目録を渡す
6.日明兄さん、村上、勝者、ラウンドガールが記念撮影を行う
7.勝者にはマイクが渡され、何か喋る(80%程度は場内が静まる)
この1-7 を25回繰り返す、というものであった。

後半になるに従って、原則、試合のレベルは上がっているように思えるのだが、残念ながらその頃にはこちらはすっかり疲れてしまっているのだった。

4時間半。表彰式もあったらしいが、その前に帰ってきた。今回は1,2回目のような乱闘は無し。しかし、それがないと単にアマチュアリングスなんだよな。

なんか、変な疲れ方したわ。

ちなみに、臼田勝美は外のロビー兼事実上控え室みたいな感じの空間を見張っておった。