1964年のジャイアント馬場

文庫版も分厚い大著だが、ジャイアント馬場以外の話がすごく多いのでそれはそうなってしまう。ジャイアント馬場の足跡については、主に2,3くらいの文献が頻繁に引用されていて、そんなら原典に当たった方がいいなという気になる。これまで何冊か読んだ中で、著者からは取材対象に対しての敬意ってあんまり感じられたことがないけどこの本はとりわけそう。全日本プロレス腐しすぎで、猪木大好きなのはわかったけど自分のシナリオに沿わないファクトを全部落としちゃってるような気がする。