ケンドー・ナガサキ自伝 / 桜田一男

ケンドーナガサキ本。相撲出身の人なのにギャンブル一切やらない人だったとは意外。

国内/海外、レスラー相手/素人相手問わず「ぶん殴って解決」なエピソード。カブキさんの本よりさらに多い。これぞ日本プロレス。
武藤はすごく評価されている。ポーゴはやっぱりボロクソに書かれている。国際プロレスへの評価が低かった。プロレス序盤の展開について細かいセオリーを語ってくれているのが良い。

SWSについてはかなり具体的に金額の話やら、田中社長に「仕組み」の話をしたとか、生々しい。最後、大日本プロレスとこんなに関係性悪かったとは知らなんだ。そしてここでも最終的には相手をぶん殴っているのであった。