デヴィッド・リンチ 「暴力と静寂に棲むカオス」 @ ラフォーレミュージアム と “Crazy Clown Time”

→ TAB イベント – デヴィッド・リンチ 「暴力と静寂に棲むカオス」
 
David Lynch の各種アート作品の展示。水彩、(立体に近い)油彩、ミックスドメディア、写真、映像。
夏にヒカリエの小山登美夫ギャラリーでやってた展示では抽象的なものが多かったけど、今回は具象的な作品の方が多く、その分余計に気持ち悪い。今年製作されたものが多いみたい。

映像は10年くらい前に davidlynch.com で公開されていたものなどで全部ちゃんと見ると2時間くらいかかってしまうかも? 自身の曲 “Crazy Clown Time” のPVもあったけど、バックヤード発狂祭りみたいな感じでもういたたまれない。
電球も入った巨大作品が何点か。その中には “I Have a Radio” と題されたものもある(同名の版画だったかを伊集院光がヒカリエで買ったんだよな)。腕は伸び、身体はバラされ、口からは何か出てて、そして執着的に文字が刻まれている、そんな感じの作品群。

原宿ラフォーレミュージアムで12/2まで。

デヴィッド・リンチ展 〜暴力と静寂に棲むカオスデヴィッド・リンチ展 〜暴力と静寂に棲むカオス
デヴィッド・リンチ

赤々舎 2012-11-09
売り上げランキング : 324391

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 
Crazy Clown Time
 
さて、それで、David Lynch は昨年アルバムも出したのだった。
最初のシングル “Good Day Today”はダンサブルなテクノっぽい曲で、Underworld mix などもリリースされていた。
アルバムの方は必ずしもその路線ではない。映画作品で聞かれるようなボワーーンとしたギターがふんだんに入ってるので。
Lynch 自身がボーカルの曲もあるが、多くはヴォコーダー的なエフェクトが激しくかけられて歪みまくっている。

うっかり朝聞いてしまうと一日どんよりすることは避けられない。