親子できく、どうようフリーソウル。Selected by 橋本徹

ものすごいグルーヴィーな童謡集。 小鳩くるみ、ティン・パン・アレー(!)、田中星児が数曲ずつあって、これが軸に。ティン・パン・アレーはアルバム「メルヘン・ポップ」からの曲でこのときのベースは後藤次利。

小鳩くるみ曲のアレンジがすごくファンキーだったりして油断ならない。一方、こなれていなくて不自然な「いい湯だな」(ドリフアレンジが基になってる。歌詞はちょっと変えてる)もいい味。

そういえば小鳩くるみは自分が小学校一年のときに何かの撮影で教室に来ていたんだよな…白昼夢のような思い出…