NOAH 2006/3/5武道館

ノア「Navigate for Evolution’06〜永源遥さよならツアー〜」最終戦

いやー今日のは、つめこみすぎだろ。なにしろ休憩なしで3時間半。疲れちゃった。
今回は若手中堅とベテランの対決というのが主なテーマ。シングル5連発。
小川良成 vs 力皇猛
リングアナ、3 カウント入ってないのにゴングならしてしまう。やっちまった模様。
なんか変な試合。
田上明 vs 丸藤正道
丸藤、相変わらず恐ろしい返しをする。昔の武藤を超えているかも。田上から3カウントを奪う。
三沢光晴 vs 森嶋猛
噂には聞いていたが、モリシ、ほんとに良くなっていた。小細工をせず、パワー一辺倒。そうそう、それでいいのだよ。
最後は座り込んだところにまでエルボー打ち続けるというえげつない攻めで負けてしまったが。
小橋建太 vs KENTA
この試合も20分超やってるわけだ。最後はバーニングハンマーが炸裂してしまったわけだ。

でも、まだセミファイナル前…orz

金丸義信,杉浦貴 vs 日高郁人,藤田ミノル
ZERO1の二人、らしからぬミスもあり。彼らにしてはイマイチな感じか。やはり緊張していたのか。
でも最後はGHC 獲っちゃった。これは予想していなかったなぁ。
ちなみに、フェンスの外にいたオッキー沖田は案の定号泣。いつでも号泣。

秋山準 vs 鈴木みのる
まず、みのるの入場が長い!普段でも長いのに2番まで流しやがった。嫌がらせだ。
みのるの白タイツ、秋山カラーってことなのか。僕はUWFのドームで泣きながら崩れ落ちるみのるを思い出したけど。
みのるのシングルだとどうしてもノアの中では異色な流れになってしまう。張り手200連発も、しんどいんだろうけどどうも乗れないというか。みのるのメインはもういいんじゃないか?
正直、セミ前でお腹いっぱいだった。もう2リーグ制にしたほうがよさそげ。


(photo: 320)