DDT 初春2006 後楽園ホール

いやー今日はいい席だったなぁ…全6試合。

今日はちょっと微妙な空気になる瞬間が多かった気がする。他のインディー系団体に比べたら全然良い方だとは思うけどね。
日高郁人,藤田ミノル,MIKAMI vs 柿本大地,飯伏幸太,諸橋晴也
ZEROONE-MAXからプロレス大賞最優秀タッグを迎えてのメイン。この中に入ると、やっぱり若手陣のアラが目につく。あくまで細かい部分なんだけども、怪我しそうでちょっと安心できないというか。飯伏、MIKAMIのドロップキックを顔面にくらってから動き止まる。それでもスプラッシュ系の技とかやるから、怖い…
ドン・マエストロ、フランチェスコ・トーゴー、モリ・ベルナルド withアントーニオ本多 vs ポイズン澤田JULIE、蛇影、未定
復活ポイズン澤田JULIE。会場中がマラカスの音で埋め尽くされる。その割に歓声があまり出なかったのは、みんな忘れてしまったということか?
男色ディーノ vs 猪熊裕介 vs マッスル坂井
なぜか3人ともストッキングをかぶって登場。試合もそのままw わけわからんw
試合後、マッスル坂井がディーノのベルトに挑戦表明。しかし何故かカメラに向かって喋るw ストッキングはかぶったまま。わからん。
スーパー宇宙パワー vs 中澤マイケル
宇宙さん、いつの間にか戻ってきてたんだな。
試合後のマイクで、ストーリーを無視して高木三四郎を社長と言ってしまい、ファンからつっこまれる宇宙さん。「久シブリデ、忘レテタンダヨ」
DDT次期社長争奪ロイヤルランブル
(高木三四郎,大鷲透,ゴージャス松野,泉州力,すぎはら美里,三和哲充(三和会長)三和太,子川直也)
子川直也、ビミョー。(ネタの)間がもう一つかな。
ハイライトは、大鷲と松野さんの対戦、それから大鷲とヨシヒコ(ただのダッチワイフ)との対戦でしょうか…こうして文字にすると何かすごいな…

まぁ、そこそこ面白かった!