映画「立候補」

→ 映画「立候補」

→ 【映画評】立候補 ~負ケルトワカッテ、ナゼ戦ウ~ 壊れかけのラジヲ

→ REALTOKYO | Column | Interview | 089:藤岡利充さん(『映画「立候補」』監督・編集)


本作、ラストに向かって驚くほどの盛り上がりを見せるのだ、この題材にも関わらず。
そうなるのはもちろん編集がうまいからであるし、向き合う姿勢に熱があるからである。だがそれ以上にカメラの前で起きている事自体がドラマチックすぎるのだった。

音楽の使い方もうまい。外山恒一の演説にチップチューンを重ねるとか、素晴らしいセンス。その後の本人の穏やかな喋りとの落差も抜群。

迫真の力作。信じられないかもしれないけどおすすめです。