クラフトワーク / デヴィッド・バックリー

クラフトワーク クラフトワーク
デヴィッド・バックリー 佐藤志緒

シンコーミュージック 2013-06-29
売り上げランキング : 72135

Amazonで詳しく見る by G-Tools

クラフトワーク伝。現メンバーには直接取材してないものの、一応のお墨付きはもらっている。ピーク時のメンバーである二人の電子パーカッショニスト、カール・バルトスとヴォルフガング・フリューアにはたっぷり取材したらしく、当時の雰囲気は伝わる。

クラフトワークと直接関わらないイギリスの音楽シーン(筆者はイギリス人)への言及が長すぎるなど欠点もあるけど、まあ謎の多いクラフトワークの実像を描くことはできている。ラルフ・ヒュッターとフローリアン・シュナイダーがある時点から自転車にハマり、そこから黄金期メンバーの結束が崩壊していくとかw ポップミュージックのグループとしては極めて異常な佇まい。

途中から作曲などでも大きな貢献をしたカール・バルトスには興味津々。ちょうど今年アルバムを出していたので聴いてみようかと。バーナードサムナーとジョニー・マーのエレクトロニックにも参加していたのだな。
それから、ノイ! も聴いてみるべ。