2011-03-06 ZERO1 両国国技館 「プロレス」

→ 橋本ジュニアがデビュー “闘魂三銃士”蝶野と対戦 旗揚げの地・両国でZERO1 10周年大会開催(sportsnavi)

結果的にはすごくよく入っていた両国。ZERO1の10周年記念大会。

第0試合。予想を裏切らずOBの富豪2さんとジェット信介が登場。

そのあと大谷の挨拶。場内は大谷コール。

第1試合。久々登場のMr.フレッド、ここではまともなレフェリング。

10人タッグ。フジタ”Jr”ハヤトの蹴りでは湧いていた。越中は相変わらずの会場人気。その他はなんか粗い。

菅原組vs藤田ミノル組のタッグ。レフェリーはミノルが連れてきたSUWA。髪も剃ってこの服装は…山本小鉄風?もしくは遠藤光男風?
菅原のブラックボックスを取り上げたかと思ったら裏切って藤田組に一撃。さらに久々のジョン・ウー!このアシストで菅原、怪人ハブ男が防衛。

日高とパンクラスism伊藤崇文。伊藤がプロレスできるわけではないことを考えれば、まあ納得の試合か。

IGF澤田とスティーブコリノ組 vs KAMIKAZE、耕平。ここではMr.フレッドが超低速カウントなど数々の悪レフェリングを披露w


橋本大地デビュー戦。解説の武藤は「HOLD OUT」で入場。
大地の入場は「爆勝宣言」で橋本コールが起こる。蝶野はいつもの曲だった。
大地、蹴りはミドルキック、フライングニールキックと橋本真也を彷彿とさせるものを仕込んできていた。途中から橋本コールは大地コールに。
試合後のマイク「やっとここまできました」にはグッときたなぁ。

ここで休憩。バックステージでの大地インタビューはビジョンで流れていた。

休憩明け、自演乙が5月のプロレスデビューをアピール。大人の事情的なものしか感じられないが…


永田さんvs田中将斗。この白目のときだけ、ずっとZERO1ロゴが映されていたビジョンに顔のアップが!非常に気が利いている。。。
試合は田中将斗勝利。


関本vs崔領二。試合は関本ペースだが、崔領二勝利でベルト戴冠。


大谷vs高山。大谷は袈裟切り、ツバメ返しなども見せる。エベレストジャーマンで高山勝利。大谷はやはり勝てない。これがZERO1。


最後は星川含む(!)ZERO1メンバーをリングに上げて、橋本大地が(!)大会を締めた。
場内、温かい雰囲気に包まれて、良い終わり方だった。

その他の写真:→ 2011/03/06 ZERO1 – DOMA – Picasa ウェブ アルバム