2008/8/30 PREMIUM 3

新日本プロレス「PREMIUM」(sportsnavi)

ルールを厳格に。しかしそのルールを司るのがマシン、ヒロ、保永であるという根本的な矛盾。
どうやらプレミアムルールというのは
・レフェリーが襲われるとマシンとヒロが乱入して勝敗を変える
・場外は10カウント。ただし蝶野が落ちた場合はカウントが止まる
というもののようで…
というか蝶野のシングル30分はきつい。大森さん当面のラストマッチ、蝶野戦はだいぶグダグダな30分引き分け。蝶野は3,4回負けていたと思われ。
大森さんは最後の方、何か動揺が見られたような。挨拶もさせてもらえないし、退場時には暗転しちゃうし、かわいそうな大森さん。
とりあえずもう二度とこのルールやらないでほしい…企画倒れ。

天山はシューシュー言われるのもメッシュいれるのも体がボロボロなのも全部元に戻ったようだ。戻るの速すぎるって。。。
いい試合もあった。ライガー近藤v高岩岸和田。近藤修司と高岩は意外と手があいそうだな、とか。
メインは一回目の吉江vs中西を超えるものではなかった。
ま、今日はそんな感じ。PREMIUM 1はもうちょっと良かったのになぁ。

2008/8/30 PREMIUM 3