ラジオのこちら側で / ピーター・バラカン

ラジオのこちら側で (岩波新書) ラジオのこちら側で (岩波新書)
ピーター・バラカン

岩波書店 2013-01-31
売り上げランキング : 8473

Amazonで詳しく見る by G-Tools

バラカン先生最新の本は語り下ろし。ラジオでのDJ仕事について語る。なかなか熱い。80年代頭くらいからの日本FM史にもなっている。矢野顕子との番組ってあったのか。聞いてみたいものだ。
それから、衛星ラジオやインターネッツなどの音楽放送の世界的な状況も少しわかる。

いいエピソードとしては、昨年 番組でリクエストがあったので「ソウル・ドラキュラ」をかけたが「ごめんなさい、耐えられない」と言って途中でフェードアウトした話。

BBCのジョン・ピールの番組は多くの貴重なスタジオライブ音源を残したが、これは当時の英国ラジオが一定時間しかレコードの音楽をかけることができなかったからなんだって。権利関係。いつの世でも似たようなことが。

あとがきで、インターFMの執行役員に就任した話。道理で聞きたい番組増えたわけだ。

YMOの話は経歴を語る上で欠かせないけど、ちょっとだけ。

年代ごとのフェイバリット曲リストはまたしてもヤバい。