川村記念美術館 ジョゼフ・コーネル

千葉の川村記念美術館には、ジョゼフ・コーネル作品のコレクションがあるので前から行きたいと思っていた。
今回「ジョゼフ・コーネル x 高橋睦郎 箱宇宙を讃えて」という展示にあわせて行ってみた。

→ Joseph Cornell – Wikipedia, the free encyclopedia

駅から送迎バスで30分。かなり遠い。


敷地は会社の施設と一緒になっていて、散策路などもある広大な土地。

常設展示作品は割合的にはモダンアートが多いが、ピカソやモネ、レンブラントなどもある。この辺は1Fに展示されていた。
1Fの一番奥にはマーク・ロスコの部屋がある。ここはなんというか、巨大な作品と、それの持つ力を最大限引き出すべく作られた空間にちょっとやられてしまう感じ。

→ Mark Rothko – Wikipedia, the free encyclopedia

2Fの一番最後の部屋に「ジョゼフ・コーネル x 高橋睦郎 箱宇宙を讃えて」。暗い空間になっていた。作品は、コレクションの七つの箱以外にもコラージュ作品があった。箱は壁面にもいろいろコラージュがされていたりするから、単純に本や画像で見るだけではわからないところが見えて良かった。
あと、上の写真にもあるフランク・ステラの大型の作品が何点か。これも良かった。

→ Frank Stella – Wikipedia, the free encyclopedia

この交通の便ではそうそう行けないけど、一度は行く価値ありですな。