2009-12-23 NOAH 丸藤正道プロデュース興行

→ 丸藤正道プロデュース興行「不知火 為虎添翼 〜添ノ巻 I miss you〜」

「いこてんよく」と読むらしい。”I miss you”とは、三沢、メキシコで世話になったアビスモ・ネグロ、アメリカで世話になったハーリー・レイス夫人に捧げたもの、とのこと。

第一試合は小川、金丸vs石森、マルビン。会場が思ったより湧かなかったからか、マルビンと金丸がずいぶん声だしてる感じ。

次、小橋vs多聞vs菊地の3way。多聞さんは3wayのルールをあまりわかってなかったような気がする。小橋のフォールに手を出さず、なんか変な終わり方。

秋山vs橋。復帰の秋山はやっぱりエグい攻め。橋は体がすごすぎ…花道を疾走するときの肉の波打ち方に場内がどよめいていた。
とはいえ、不格好ながらも非常に気持ちが入っていた。
秋山は今回の欠場→復帰にあたってだいぶ橋の世話になったみたいだし、感じるところがあったのだろう。最後にピンとったあともしばらく動かなかった。何か言っていたのかもしれない。

VTRで丸藤登場「杉浦貴がいたらつまみだせ」の言葉で休憩。休憩中に実際に丸藤と杉浦が追いかけっこを展開w
 
11人参加バトルロイヤルは平柳ショーだった。最後に残ったのは森嶋と平柳。森嶋、マイクをもって「やる?」と一言w
それに対し平柳、みんな俺が勝てると思ってねえんだろ、俺だって思ってねえよと叫びながら突進。今ノアで一番マイクうまいんじゃないかな。。

鼓太郎vsムシキングテリーは、途中で膝をやってしまった鼓太郎が動けなくなり、無理くり続けようとしたものの結局レフェリーストップ。テリーは収拾つけようとしたのか、トップロープから飛ぼうとしたが、そのタイミングで止められた。レフェリーはちょっと止めるの遅かったんじゃないかな。アクシデントがなければ何か展開があったんだろうか。

松永の引退試合。彰俊は負傷してたと思ったんだが頑張って出てきたんだな…松永はキバ付き。序盤は二人のルーツである空手の蹴りと突き。松永は凶器攻撃とキバ攻撃でペースを奪おうとするが最後はスイクルデスに沈む。
松永は「デスマッチでもう一度はありません。引退します」と短い挨拶。この一連の流れ、昔を知らない人には伝わりにくかったんじゃないかという気もする。
ちなみに、青柳館長と誠心会館の人たち連名で花がきてました。

メインのマシン祭り。
煽りVは主に”S”マシン以外の3人のインタビューで構成。マシンさんが実にいい。「”S”マシンのSってなんだ?スケコマシ…スケコマシン…」「だから平田じゃねーっていってんだろ!」


マシン軍はトレインで入場ですよ


マシンさんは「サンタマシン」のオーバーマスク。


マシンさんは緑ラメ銀皮、”S”マシンは緑ラメ金皮。あと口元がちょっと違う(“S”の方が旧タイプ。今のマシンさんは口角がギザギザになってるんだよね)。


“S”マシンは攻めてもやられても甲高い声で「ギガガガガ….」(ただし、たまに自分がマシンであることを忘れる)
試合は”S”マシンが魔神風車固めで青木をピン。ギガガガ。


マシンさん、平田じゃねぇことを改めてアピール、杉浦がいないことを指摘w。そして”S”マシンにマスクを渡すと、”S”は「青木と丸藤がしょっぱい試合してすみませんでした」と甲高い声で。再びトレインで意気揚々と退場…


残された丸藤と青木、「しょっぱい試合ですみません」と二人で頭を下げる。うーん、まさにマシン祭り….

丸藤はその後J-CUP優勝しますと挨拶し退場。そこから30分は平柳をターゲットにしたドッキリネタのビデオが。その後、多分武道館で集めたやつだと思われる「三沢の思い出の写真」が。場内暗いままシンミリと終了。

ちょっと気になったのは会場が静かになっちゃうことが多かったところだなぁ。熱がなかった。

You can see all the picures at :
→ Picasa web album – DOMA – 2009/12/23 NOAH