藤子・F・不二雄ワールド -ドラえもんとなかまたち展-

2011年に川崎市に「藤子・F・不二雄ミュージアム」が出来る予定で、それのプレイベント かつ、「アルテリッカしんゆり」という芸術祭の一部として開催されてる藤子・F・不二雄先生の原画展。もう今日で終わっちゃうけど。

1週間前の夕方に行ったときには人もまばらで、ずいぶんじっくりと見る事ができやした。
どんなのがあったかというと
・「タタミのたんぼ」全編 (2刊。単行本表紙原画も)
・「カムカムキャットフード」全編(37刊。単行本表紙原画も)
・「のび太の恐竜」。ピー助が生まれるところなど
・「のび太の魔界大冒険」
ドラえもん (2) (てんとう虫コミックス)ドラえもん (37) (てんとう虫コミックス)

ここまでがドラえもんで、あとは
「エスパー魔美」「キテレツ大百科」「征地球論」「ひとりぼっちの宇宙戦争」「21エモン」「モジャ公」「ポコニャン」「T・Pぼん」「チンプイ」「パーマン」。「バケルくん」もあったかな。
「パーマン」はパーやん初登場の回の一部などがあった。

それから「新オバケのQ太郎」、小学4年生(だったかな)の連載の1本全編。この作品の分担は知らないがこれはF先生が描いたってことなんだろうね?

子供の頃読んだやつの原画って、ちょっと感動するわ。