真理

株主優待を受けようとするものは
いついかなる時でも
店員の集団スイミングアイに
対処しなければならない。
これは真理である。