ショージ

その初老の男性は、駅に降りる時、人をかき分けながら、小声で
「どぅん」
と云つた。