全日本プロレス 7/1 横浜文体

全日本プロレス「CROSS OVER 2007」最終戦 (7/1 横浜文化体育館)

会場はほぼ埋まっていたのだが、前半がほんとに沸かなかった。前の大日本のときも思ったけど、横浜ってなんか声援が分散しちゃう感じがあるよな。後半三試合で段々盛り上がってくるという感じ。

近藤xセイビンは、セイビンのムーブが良かった。ほんとはドッティに勝ってほしかったけども、まあ期待通りくらいの良い試合かな。でも、近藤のパイルドライバー(技名あるのかな)はおっそろしい。

小島のヒールターン。期待してなかったらやっぱりアレだった。やっぱり今日はインパクトが大事だったと思うし、徹底的に、それこそ流血くらいやるのをみんな望んでたと思うんだけど。見た目変わったのはタイツがちょっと赤っぽくなったくらい。喋るとあんまりワルくない。凶器も使ってたけどあの程度じゃ全然だと思うなぁ。このままだと牛君みたいになってしまうのでは?

メインのみのるx武藤。これもあんまり期待してなかった。でもこれはすごく良かった。武藤は久しぶりにあの「いやらしい膝攻め」フルコース。それに対してみのるは腕狙い。技数少ないのにあそこまで惹き付けるのは二人ともすげーなと思った。ムーンソルトまでやっても決まらない。最後はみのるが武藤から何度目かのヒールホールドでギブアップを奪う。

3時間で長かったけど、メインが良かったので、まあ。