Get Over / 長州力

著者 :
キングレコード
発売日 :

1986年発売の2020年復刻。86年といえば時期的にはジャパンプロレスが崩壊に向かっていった頃。アルバムでは長州が2曲歌っていて「明日の誓い」はシングルカットされたらしい。この曲は作詞松本一起、作曲宇崎竜童 となっている。歌自体決してうまくはないのだが楽曲の良さと声質を活かしたプロダクションの妙で良い曲。「マッチョドラゴン」のような事態にはなっていない。「プロレスQ第5回プロレス紅白」にも収録されていた。このシングルのB面でアルバムにも収録されたのが「Power Fall」でまず本来「Power Hall」なのをタイトル間違えている。さらに会場で流れているオリジナルではなくカバー。2020年版でその間違いもそのまま復刻。英断なのか?

その他の曲はいわゆるイメージソングで、わかる限りだと演奏は”Knights”、作曲に佐藤宣彦、編曲に平田ふみと、といった人たちが関わっているようだ。