ERIS vol.31

音楽雑誌「エリス」 – 音楽は一生かけて楽しもう

Aretha Franklin。ピーター・バラカン、鷲巣功、萩原健太の鼎談はバラカンがあくまでも「アリーサ」表記なのに後の二人は「アレサ」表記と頑なな感じ。45枚アルバムガイド、もちろん名盤として知られているのは聞いてるけど、それ以外って驚くほどジャケも見たことなかった…

佐橋佳幸がアサイラム・レコードとAndrew Goldについて書いている。ちょうど先週のサンデーソングブック「頭の拍が分からない曲で棚からひとつかみ」で”Lonely Boy”がかかっていたから、タイムリー。 80年代イギリスに渡ってからのWAXはなんとなく名前知ってるけど、70年代のやつちゃんと聞いてみよう…

著者 :
Collector’s Choice
発売日 : 2005-02-06