ナイロン100℃ 41st SESSION「パン屋文六の思案 -続・岸田國士一幕劇コレクション-」

緊急登板で青山円形劇場のナイロン100℃ 41st SESSION「パン屋文六の思案 -続・岸田國士一幕劇コレクション-」を見て参った。
初めて青山円形劇場行ったけど濃密な空間だったなー。演者とあまりにも近いんで緊張した。

→ ナイロン100℃ 41st SESSION『パン屋文六の思案~続・岸田國士一幕劇コレクション~』

うーん、前回ナイロン100℃見たのきっちり10年前。↓ 10年前の俺、えらっそうに書いてるなぁ(><) → ナイロン100℃「男性の好きなスポーツ」 | Cafe de Shrimp

今回は岸田國士(くにお)の戯曲。岸田國士は岸田今日子の父である。潤色・構成・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ。ゲスト陣は萩原聖人、緒川たまき、植本潤、小野ゆり子、志賀廣太郎。ダンス振付 井手茂太。着物監修 豆千代。

複数の奇妙な岸田國士一幕劇が提示され、コラージュ的に複数進行する。それでありながら破綻しない怒涛の構成力。

みのすけて元有頂天、筋少のドラマーなのかー。
新谷真弓て「キルラキル」の蛇崩乃音か。言われてみればたしかにその声だった。
緒川たまきは、もう、ほんと美しいよね。
着物は洋服と組み合わされている。男性でいうとサスペンダーとかシャツとか。これ、素晴らしかった。

とても良かったわ。

→ ママ先生とその夫
→ かんしやく玉
→ 麺麭屋文六の思案(二場)
→ 世帯休業
→ 長閑なる反目
→ 恋愛恐怖病(二場)
→ 遂に「知らん」文六(三場)

岸田國士I (ハヤカワ演劇文庫) 岸田國士I (ハヤカワ演劇文庫)
岸田 國士

早川書房 2011-09-09
売り上げランキング : 139065

Amazonで詳しく見る by G-Tools