George Harrison: Living in the Material World を見てきた

マーティン・スコセッシ監督の最新作、ジョージ・ハリスンのドキュメンタリーを見てきた。

→ IMDb – George Harrison: Living in the Material World (2011)

[[ 続きを読む ]]

→ IMDb – George Harrison: Living in the Material World (2011)

マーティン・スコセッシ監督のジョージ・ハリスン ドキュメンタリー。
もうすぐDVD, Blu-rayで出るんだが、12/2まで劇場公開もしている。
→ 2011.11.19(Sat)公開 『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』公式サイト
この劇場公開、日本だけらしい。

なので、六本木TOHOシネマズで見てきた。2部構成で3時間半休憩あり。

映像的な見所は今出ている「レコード・コレクターズ 2011年 12月号」を読むがよろし。

出てくる人、ポール、リンゴ、クラプトン、パティ・ボイド、オノ・ヨーコ、クラウス・フォアマン、ジム・ケルトナー、レイ・クーパー…
“LENNONYC”とだいぶかぶってはいる(そりゃそうだ)。

印象に残ったところ。

  • 息子、似てる。
  • クラプトンのインタビュー、結構多く使われている。パティとの件についても当事者二人が喋ってる。パティは”Layla”をクラプトンに聞かされて後戻りできなくなったらしい。
  • 邸宅の様子はたっぷりと出てくるんだが、まあこれがすごい。。。
  • フィルスペクターは怪しすぎて証言が一つも信用できないw
  • ”Revolution No.9″はジョン、ヨーコ、ジョージ3人の作だ、とヨーコ。
  • マハリシ・ヨギの声がやたら甲高い。
  • モンティ・パイソンからはエリック・アイドルとテリー・ギリアム(まん丸い)が。パイソンズの映画 “Life of Brian” はジョージが金を出して完成にこぎつけたので、縁は非常に深い。ふたりとも「らしい」感じで笑いにつつんで語っている。
  • 終盤、最後に会った時の話をしていて涙ぐんでしまうリンゴ。

“LENNONYC”のように個別のアルバムにクローズアップしてるわけではなくて、比重もバラつきはある。例えば90年代だとトラベリング・ウィルベリーズについては細かいけど、”Cloud Nine”についてはほぼスルーだったりとか(DVD特典映像では触れられているらしいが)。

そうは言っても、長時間飽きさせずに見せちゃうのはさすが。

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド [DVD]ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド [DVD]

角川書店 2011-12-23
売り上げランキング : 325

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド Blu-rayジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド Blu-ray

角川書店 2011-12-23
売り上げランキング : 301

Amazonで詳しく見る by G-Tools