Little Feat 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET

Little Feat 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET
Little Feat 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SETLittle Feat(リトル・フィート)

Warner Music 2010-02-27
売り上げランキング : 3012

Amazonで詳しく見る by G-Tools

なんか最近は70-80年代くらいのアルバム5枚まとめ売り2500円とか、そんなのもよくあり、Little Feat も最初の5枚のアルバムBOXがある。
とりあえず最後のやつ以外聞いたんだけど、通して聞くと、スタイルこそ一貫しているもののサウンドが段々洗練されていくのだよね。
Rowell George, Roy Estrada など元々Frank Zappa人脈な人たちなんだが、そういう雰囲気は始めっからほとんどない。

1st “Little Feat“(71)は Richie Hayward のドラムが結構すごい。たしか Led Zeppelin の John Bonham にも影響を与えた、みたいな話を昔読んだ気がするんだけど裏がとれてない。後年 Robert Plant のアルバムに参加したのは確かなんだけど。”Willin'”の初期バージョンが入っていて、Ry Cooderが参加している。地味。

2nd “Sailin’ Shoes“(72)。 タイトル曲はVan Dyke Parksもカバーしている。それから、グッと印象に残るアレンジになった “Willin'”が名曲として知られている。名盤。

3rd “Dixie Chicken“(73)も巷の名盤ガイドなんかには必ずと言っていいほど入っている。ベースがRoy EstradaからKenny Gradneyに変わる。

4th “Feats Don’t Fail Me Now“(74)。1曲だけ Van Dyke Parks プロデュース。曲によっては、当時のクロスオーバー的なファンキーさを見せたりする。2ndの”Cold Cold Cold”, “Tripe Face Boogie”をメドレーで再演している。