ぼのぼの(33)

33巻は異例で、一冊まるごと長編の「オリちゃんのこと」。まえがきによれば「オリちゃんのこと」は映画用に作った話で、長編になるのならということで作家生活30周年記念作品にしたのだそうだ。

いわゆる「いい話」に分類されちゃうのかもしれないけど、泣かせるためのよくある「あざとさ」は感じない。たしかに映画版ぼのぼのに近い感触かと。