仏陀再誕 (ネタバレあり)

→ 仏陀再誕 – Wikipedia
→ 超映画批評『仏陀再誕』25点(100点満点中)

えーと、今日でレイトショーが終わってしまうもんですから。
場内13人。途中のUFOちゅどーんちゅどーんで2人帰りました。おじさんが3,4人いたのであの人たちはたぶん信者の方かと。

まあ、あのー、とある教団と正義の組織の戦い、といったあたりは色々なところで書かれていると思うんで、細かいところを。
・風呂シーン、とぽんと頭まで沈む、あり。
・ツンデレあり
・「無茶しやがって」あり
・ヒロインの弟は前半、本当に酷い目にあって顔面崩壊
・戦闘の途中で悪魔の顔が変わる
・終盤、ShadeらしきCGが大活躍w

まあその他、突っ込まねばならないところは無数にあります。どちらかというと家で見たい感じ。
脚本は、ストーリー作りの定石がほぼ無視されているため、常に急展開、どこにクライマックスがあるかわからないしいつ終わるかもわからない。ある意味奇跡が起きています。
また、テレビであるとか、東京ドームの真ん中で教えを説くとかいう、メディアへの露出っていうんでしょうか、そういうものへの非常なこだわりを感じました。

エンドロールも見逃せません。劇中の歌は大川総裁の作詞によるものが殆ど(全て?)なのですが、霊示を授けた人、ブッダとかね、も同時にクレジットされていて、それが一気にわーっと流れてくるんです。

そんなところで。。。
 
ウ・ソンミン - 悟りにチャレンジ - EP ウ・ソンミン – 悟りにチャレンジ – EP