Tempus Fugit / Miles Davis

テンパス・フュージット
マイルス・デイヴィス
株式会社EMIミュージック・ジャパン (1991-11-27)

 

Miles Davisは50年代にBlue Noteで4回セッションを行っていて、その内の3回(1952,53,54年のセッション)が “Miles Davis Volume 1“(1501番), Miles Davis Volume 2“(1502番) として発表された。落ちぶれて仕事が無かった時代にAlfred Lionに手を差しのべられた頃。

これは3回のセッション既発分に未発表曲を追加して、年代順に並べた2枚組。
自叙伝ののっけにも出てくる”Woody ‘n’ You”、”It Never Entered My Mind”が耳に残る。