俺たち文化系プロレス DDT

俺たち文化系プロレス DDT
高木三四郎
太田出版
売り上げランキング: 72534

高木三四郎の自伝。
この人は、よくいるプロレスラーとは違う、イベント屋さんとしての強固なバックグラウンドを持っていて、だからこそDDTも10年続いているということか。ポジションとしてはマッスル坂井と近いものがあるのだな。

どのようにしてエンタメ路線になったかなどの流れもよくわかるし、PWC時代の話や大仁田関連、FMWとの合併話など、良い事も悪い事もかなりストレートに書いてあって興味深い。おすすめ。

新宿御苑で働く社長レスラーのblog – livedoor Blog(ブログ)