Soul on Top / James Brown

Soul on Top
James Brown
Verve (2004/07/13)
売り上げランキング: 9388

’70年のアルバム。この年にJBは企画もの、クリスマスアルバム含めて5枚アルバムを出していて、そのうちの1枚はあの”Sex Machine”だったりする。レコーディングの時間が今より格段に短かったとしてもちょっと異常だよな。
このアルバムではバッキングをLouie Bellson Orchestraというビッグバンドが努めている。 なお、Maceo Parkerはちゃんと吹いてる。だもんで、典型的なJBのサウンドとは違うけど、これはこれで好きだ。”There was a Time”の再録なんてかっこええもの。
CD化に当たっては、unedited versionに差し替えたり、曲を後ろに追加したりしていて、気合い入ってる。