天龍源一郎引退興行 革命終焉 @ 両国国技館 (1)

 

今回の両国は全席完売。会場、昨今のプロレス興行と比べて年齢層の高さが際立つ。昭和ファンっていうのか。。おそらく最近はプロレス見てないような人も多く来ているのではないか

入り口付近にガウン、トロフィーなど各種展示も。

入場者はもれなくB2判のパンフをもらえた。中を見ると


衝撃。さらにスタート前のパンチ田原リングアナによる前説で、マット上に「メガネスーパー」の文字があることが判明。スポンサー。歴史を考えるとここで早くもグッとくる。


オープニング、高中正義が「サンダーストーム」を演奏しに来てくれる。退場時「高中」コールまで起きる。
そこから第一試合へ

11/15天龍源一郎引退興行全対戦カード | 天龍プロジェクト


今日の大社長は入場曲使えなかったから「ファイアー」封印。でもドラゴンリングインは決めていた。あと菊さんのブレーンバスターが成功するという珍事


第二試合は仙女の試合。カサンドラ宮城は怪奇派かと思いきや、ミサイルキックのフォームは往年の北斗晶を彷彿とさせる(この写真は違う)。前半は良かった。

 
メジャー、インディー、ローカル混成しすぎ10人タッグ。


カブキvs小鹿の日本プロレス時代からの怨念対決。カブキのパートナーとして出てきたKAIも例のストリートファイト仕様に加えてペイントまで。



杉浦透はFREEDOMS所属。写真で見ると少なくとも瞬間的にはカブキさん絵になってるんだよなー。さすがだ。


3職人+1変人のタッグマッチ。天龍プロジェクトの流れで結成されていた小川良成カシン組はやはりグチャグチャw 破綻寸前みたいに見えてキレイに終わるあたりが見事。



天龍の引退に合わせて9月から復帰している北原光騎。入場時は懐かしのピンク!佐藤光留とやり合う。
多分昔より線が細くなっていて、その分動きは良くなっているような。一人大先輩かつ蹴り主体の試合にできるので、よく見えるw 何と言ってもシューティングの先生だからね。
WARスペシャルも出してた。

ここで休憩時間になった。つづく。

天龍源一郎引退興行 革命終焉 @ 両国国技館 (2) | Cafe de Shrimp
天龍源一郎引退興行 革命終焉 @ 両国国技館 (3) | Cafe de Shrimp
天龍源一郎引退興行 革命終焉 @ 両国国技館 (4) | Cafe de Shrimp

レボリューション―天龍源一郎自伝
レボリューション―天龍源一郎自伝 天龍 源一郎

ベースボール・マガジン社 2015-11
売り上げランキング : 1690

Amazonで詳しく見る by G-Tools