2012-08-09 Marlena Shaw @ ビルボードライブ東京

→ Marlena Shaw featuring Chuck Rainey, David T. Walker, Larry Nash, Harvey Mason “Who Is This Bitch Anyway?” Reunion Tour

Who Is This Bitch, Anyway?” (’75) のレコーディングメンバー(みんなビッグネーム)でのライブ。2009, 2010年にも同じメンバー、同じ会場でやっている。
レジェンドなんでやっぱり一度は見ておこうと思って2回目の公演に。

ほぼ満員。さすが豪華メンバーだけのことはある。こんだけ人が入るんだったら、そりゃ何回でもやるわな。
実際これだけレジェンド揃うとどこ見て良いのやら。

Marlena Shawは最近よくあるパープルのおばあちゃん杖(絵柄つき)をついて登場…日本で買ったのかな。まずはマイク通さず地声であいさつ。半分くらい椅子に座ってたか。最後の方では暑かったのか服のお腹のとこをバッサバッサ。声はちゃんと出ている。
バンドは基本みんな座って演奏。David T.は ここぞというとこだけ立ち上がる。David T. は基本 エフェクターなしだけど、ワウワウも弾いていた。
Harvey Mason は口ひげが無かった分ちょっと若々しく見えた。

“You Taught Me How To Speak In Love”, “Feel Like Makin’ Love”, “Woman of the Ghetto”, “Mercy Mercy Mercy”, “What a Wonderful World”(David T.のボサノヴァアレンジ)など。
最後 “Loving You Was Like A Party”。

退場時は握手会みたいになってた。

円熟の極み。志ん生を生で見るようなもんである。全く同じでもまた見たい。

フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ