もうすぐ取り壊しのカオス建築。竜宮美術旅館@日ノ出町

→ RYUGU IS OVER!! ―竜宮美術旅館は終わります

竜宮美術旅館は1945-48年に建てられ、80年代か90年代? まで旅館として使われていた建物。旅館とはいっても、この辺一帯はかつての青線地帯なので、そういう旅館だったのではないかと推測される。
廃墟になっていたのが2010年にアートの施設として改修されたんだけど、今月末で取り壊し。3/18まで最後の展覧会が開かれている。

なんというか和洋がゴッチャゴチャに混ざった、非常に変な建築なのですよ。これが。
展覧会なので、実際には館内の各部屋に作品が設置されているんだが、写真は極力それらを入れずに撮ってみた。
 

外観。表も洋館と日本の建築がゴッチャになっている。

続いて、内部に潜入する。
 



1階は金魚モチーフが洗面所などに。浴室が光ってるのはそういう作品に仕立ててあるから。ここもいろんな装飾があってまがまがしい雰囲気。

続いて2階。洋間が2つ、和室が2つか3つくらい? ここにはストーブとか置いてたのかな。

かと思うと和室の方は、このように立派な?入り口が。

天窓、壁装飾、窓のガラス装飾、上から塗られて埋められた?壁装飾。

このぐちゃぐちゃな感じは、そのときそのときの都合に合わせて改修が繰り返された末にできたものなんだろう。
あと一週間なんで、興味ある人は行っとくといいんじゃないすか。

金魚