ドボク・サミット

ドボク・サミット
ドボク・サミット

posted with amazlet at 09.05.20
ドボク・サミット実行委員会 編 萩原 雅紀 大山 顕
石井 哲 長谷川 秀記 佐藤 淳一 石川 初 御代田 和弘
武蔵野美術大学出版局
売り上げランキング: 12175

2008年6月15日にムサビで行われたドボク・サミットの本。
水門、工場、ジャンクション、鉄塔、団地、ダムの鑑賞者が一同に会するという…中心は水門の佐藤氏。
プレゼン、パネルディスカッションの模様の後は、やや(美大的な意味で)アカデミックな原稿が続く。
中では土木の中の人、御代田和弘氏から見たサミットの話が興味深い。
佐藤氏はドボクとリサーチエンターテイメント、鑑賞者についての理論付けをかなりしっかりとやっている。路上観察学会への言及があったのはああ、そうだよなと納得。鑑賞者という新しい立場が生まれることで、ドボクを巡る環境にも新しい関係性が生まれるのではないか、みたいな感じ。

その手の本を多く読んでいる人にとってはなかなか面白いんではないだろうか。

その手の本:
恋する水門 FLOODGATES
工場萌えF
ジャンクション
東京鉄塔―ALL ALONG THE ELECTRICTOWER
団地の見究
ダム

Books
Sponsored Links
Follow
Cafe de Shrimp