長州力 革命の系譜DVD-BOX

新日本だけでなくジャパン(全日本)時代も入っている(でもWJは無いよ)8枚組。いつになったら見終わることやら。前田、天龍との対談も入っているが、こちらは司会に流智美がいるので安心。

[DISC1] 74年のデビュー戦から83年の藤波との抗争勃発まで。初期は…やっぱり色々とかっこわるい。しかしそれが81年10月のあたりでガラっと変わっている。抗争始める1年前でまだあっさり負けたりはするんだけど、その時点である程度スタイルが完成してきているのだった。82年10.8、ダイジェストだが、長州に吹っ飛ばされて華麗に受け身を取る新間寿もちゃんと映っていた。それで長州藤波のシングルが続くのだが、藤波の素晴らしさを改めて認識。長州はセオリー度外視でいきなり大技を繰り出したりするのだが、それを切り返して藤波がレスリングの攻防に戻していく、なので結果的にはちゃんとメリハリが出た試合になる。二人のマイクアピールは当時全然わからなかったけど、今聞くと、やっぱり全然わからない。なんも聞き取れない。DISC1最後は前田と対談part1。とてもぼんやりした話。

つづく。