江戸の凸凹 高低差を歩く 太田記念美術館

江戸の凸凹 ―高低差を歩く | 太田記念美術館 Ota Memorial Museum of Art

高低差がテーマの浮世絵展示。配布されている「東京の地形と江戸の名所map」は上記の美術館サイトからダウンロード可。この地形図は東京スリバチ学会、皆川典久氏が作製。

浮世絵それぞれの美しさは勿論、地形に焦点を当てた解説がありがたい…

どれだけ面白く感じるかは浮世絵を見て今の同じ地域の姿を思い浮かべられるかも影響するかもしれない。自分の場合は水道橋、御茶ノ水、神田エリア、上野エリアがすごく良かった。