前田日明が語るUWF全史(上)(下)

前田の名義になっているが実際に書いてるのは「U.W.F戦史」の塩澤幸登。「1984年のUWF」への反論。
前田の語っている部分(そんなに多くない)、資料の提供などおこなっている「I氏」の見解、当時の雑誌記事や本の引用(このボリュームが大きい)から構成されているので上下巻の大著になっている。そして、この構成がとても読みづらく、いただけない。語りの途中に見出しが挟まれていたり、どこまでが地の文だかわからなかったりでなかなか厳しい。

「1984年のUWF」批判の論点としては概ね納得できるかと…。当時見ていたファンなら明らかにわかることもあるわけで。柳澤健、こんな調子だとほかの本も大丈夫かね。。
とはいえ、初めからプロレスだっていってるじゃんかよ、という主張は、明らかに周りはそう捉えてなかったしそれに乗っかってたのは事実でしょうよ、とも思う。
そして、他の数あるUWF本と合わせて考えるに、UWFの崩壊は前田がやたらみんなをぶん殴っちゃってたのが最後に効いたのではないかと思わざるを得ない。

ケーフェイではあるが高田戦のエピソードはちょっとグッとくる話。最後の部分で前田が「許す」ことについて語ってるのは良い。